リフォームで本当に住まいのストレスを解消できるのか?

リフォームで本当に住まいのストレスを解消できるのか?

住まいのストレスは他で感じる不満と比較して、長期間にわたることが多くなります。
一方、リフォームは気軽においそれと出費するには金額が多くなりがちでつい我慢してしまうことも多々あります。
ここでは、住まいによってもたらされるイライラと改築に要する費用とを勘案し、出費したの金額に見合う不満が解消できるかどうか考えてみます。
上記のように、住まいのストレスは長期に渡りがちなので、改築することで不満解消できるなら早く済ませてしまう方が良いとも考えられます。
問題は、どのようなイライラが、どのように解消されるかです。
まず、考えられるイライラとしては収納、家事動線、季節による温熱環境が当てはまります。
環境には、日当たりなども当たります。
そのほか、バリアフリー、音環境も問題になることもあります。
収納と動線は家具によって改善の余地はありますが、シンクのようにリフォームが必要なものもあります。
実際に住んでいる現状から考えて、どんなキッチンレイアウトが良いのかリフォーム会社と相談してからリフォームすれば、満足のいく収納と動線が得られるかもしれません。
温熱環境は断熱効果の高い窓に変えるだけでも一定の効果が見込めます。
バリアフリーも、新しい器具は、ユニバーサルデザインを考慮した製品が多くなっているので相談だけでもすることが望ましいです。

リフォームの際には家事動線を意識した方が良い

リフォームの際には料理や洗濯・掃除のときの動き方、すなわち家事動線にも注意を払った方が良いです。
洗濯の場合は洗ってから物干し場へと行き、乾いた後に取り入れてからクローゼットに仕舞うまでの動きの経路を指します。
たとえば頻繁に行き来する料理の経路と、家族の動線が交わり過ぎると渋滞したりぶつかったりといったトラブルが起きる可能性が高いです。
現在の住まいで料理や掃除をしていて疲れる、というのであればリフォームの際に動線の改善案も盛り込みましょう。
特にマンションなどの賃貸住宅では、多くの人の平均をとった間取り・構造となっているため家庭によっては合わないこともしばしば起こります。
また収納を増やしたり重たいものを運ぶ距離を減らしたりなど、家事の快適性・効率を向上させることも効果的です。
肉体的にも、精神的にも負担が減って時間の余裕が出てくるのがメリットです。
洗面所からキッチンの様子を見られる間取りにすれば、お子さんの着替えを手伝いつつ煮物料理の様子をうかがうこともできます。

リフォームに関する情報サイト
リフォームの良さがわかる!

当サイトは高額な費用が必要になることもあるけれども、読めばリフォームをしたくなるほど良さがわかる改修工事についての情報を紹介しています。改修工事をすれば、本当に住まいのストレスを解消できるのかといった気になる情報も解説しているサイトです。さらに安心できる改修工事業者の選び方にも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。きっと大切な家を手直ししてキレイにすることができ、日々の生活が快適になることが期待できます。

Search